藤井誠 ゴルフィングアカデミー 公式サイト

藤井誠プロのサイト menu

セントアンドリューズ

  • 2014-6-6
  • セントアンドリューズ はコメントを受け付けていません
10409333_498824366885944_4129975187040674271_n

「これは、朝5時くらいだろうか。 2001年9月。 あの911の1週間くらいあとだったか、スコットランドに旅行。

セントアンドリューズのスターターの前に並んでいるときのスナップ。

キャンセル待ちでプレーする機会を待っているひとたちが朝早くから並 ぶのだ。

運良く8時くらいのスタートをもらえた。

うしろに並んでいるひとたちから拍手をもらう。

私の右にいるひとは、NYからきたひと。

一緒にラ ウンドすることになる。

その更にうしろに日本人夫婦が。 このとき偶然出会った白石さん御夫妻。

いまだにお付き合いをさせてもらっています。

実は、 彼らここでプレーをするために並んでいたのだが、ほんとうの目的はもっと北にあるロイヤルドーノックというコースの近くの海に夏坂健さんの遺灰を生前本人 の頼みに従って撒きにきたというのだ。

この旅は、今は亡き私の妻との最高に良き思い出として胸の奥に残っている大切なもの。

このときにできた縁が今回 佐渡充高さんと一緒に食事会をする山下さんの店にも繋がっています。」

御参考までに、、、勝手にひとのブログを載せちゃいますが、、、お許しを。 このかたを存じ上げていませんが、とにかく素敵な文章です。

夏坂健さんを好きだって、とても伝わってきます。 http://www.ztv.ne.jp/take-m/03_highland/03_highland.html

上に書いたのは、6月20日に予定している佐渡充高さんを囲んで行う食事会の呼びかけ。 妻と行ったセントアンドリューズへの旅。 あのときのこと、そして今の感情を言葉にすることも、ましてや文章にすることも自分の才能ではどうやっても無理のようだ。 何だろう、あの地がそうさせるのか?

とにかく胸の奥の奥にある自分自身の魂に触れる空気があそこにはあるような気がする。

懐かしい懐かしい場所。 また戻りたくなる、、、って夏坂健さんが書いているように、その気持ちがよくわかる。 今度は、ひとりで行くかな、、、。

関連記事

コメントは利用できません。

YouTube オープンマインド360
ページ上部へ戻る